FX初心者@マイナー通貨のデメリット

FX初心者@マイナー通貨のデメリット

FXを取り扱うFX業者の数が増えると同時に、FXで取引できる通貨ペアの種類も増えて選択肢もグンと広がりました。

FX初心者-知っておきたいマイナー通貨のデメリット

FXを取り扱うFX業者の数が増えると同時に、FXで取引できる通貨ペアの種類も増えて選択肢もグンと広がりました。マイナー通貨はそれぞれに特徴があり、社会的・政治的な背景や金融情勢などによってリスクの高さも異なります。マイナー通貨でFXを行なう際には、取引している通貨を発行している国の情勢に精通していることが必要不可欠ですが、FX初心者はマイナー通貨は避けた方が安心かもしれませんね。

 

マイナー通貨は一般的に、通貨が安定していないため、為替レートの変動幅も大きい傾向にあります。その変動幅を利用すると短期間で大きな利益をあげる事ももちろん可能ですが、FXの経験値が少ないFX初心者がマイナー通貨に挑戦する場合には、価格の変動から目を話さないように気をつけるようにしましょう。

 

マイナー通貨を発行している国の中には、社会主義や共産主義の国なども多く、政府が外国為替市場に介入してくるケースもあります。日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国などの場合には、民主主義の自由経済大国なので、政治や金融の情勢が価格変動に影響を与える事はあっても、政府が外国為替市場に直接介入してくるということはありません。

 

神奈川 専門学校
福山市の中古車オークション

 

しかし、マイナー通貨の場合には、政府によって外国為替市場がコントロールされてしまう事も少なくなく、市場取引の一切が凍結されてしまったり、政策金利が突然、固定金利に変わってしまったり、という事も十分にありえます。政府が市場介入してくる場合には予告も一切ないことがほとんどなので、流動性リスクを予期することは経験ある投資家にとっても難しく、そのため、FX初心者がマイナー通貨での取引を行う際には、リスクを理解した上で投資を行うようにしましょう。

メニュー

最新記事

Copyright (C) 2010 FX初心者@マイナー通貨のデメリット All Rights Reserved.